全国47都道府県、1741市区町村について
自治体、官公庁、企業の動きを追跡・分類します



[ 2017/03/16 | 大分県庁 | 地方自治体 | 大分県 | 大分市 | 非上場・外資系企業 ]

佐伯市南部海域における天然二枚貝(タイラギを除く)の採捕・出荷の自主規制について



本リリースの公式ページ
http://www.pref.oita.jp/soshiki/16350/kaidoku-kisei20170316.html
前の画面に戻る
関連の地域:大分県 大分市 佐伯市

佐伯市南部海域における天然二枚貝(タイラギを除く)の採捕・出荷の自主規制について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月16日更新

 このたび、佐伯市猪串湾で採捕したアサリについて、3月16日に貝毒検査を実施したところ、規制値を上まわる麻痺性貝毒が検出されました。

 このため、県は佐伯市及び大分県漁業協同組合に対し、下記の海域について天然二枚貝の採捕・出荷の自主規制を行うよう要請しましたので、お知らせします。

 なお、同海域で採捕されるタイラギについては、検査の結果、貝毒の蓄積は確認されなかったことから、通常どおり出荷・販売されます。

1.規制海域 佐伯市南部海域(蒲江湾、小蒲江湾、猪串湾)

2.規制対象種 天然二枚貝(タイラギを除く)

3.規制期間 平成29年3月16日から安全が確認されるまでの期間

         貝毒検査の結果が3週間連続して規制値以下となった場合に規制を解除

    ※ 規制値:可食部毒量 4MU/g

  (平成27年3月6日付け26消安第6073号農林水産省消費・安全局長通知)

4.検査結果
       貝  の  種  類    天然アサリ

       検出された貝毒    麻痺性貝毒

       検   査   値   16.0 MU/g

       検  査  部  位   可食部(むき身)

       検  査  月  日   平成29年3月16日

       検  査  機  関   大分県衛生環境研究センター

5.毒化の原因 毒化を引き起こすと考えられている植物プランクトン
   「ギムノディニウム・カテナータム」を二枚貝が捕食したことによる。

6.今後の対応 定期的に貝毒の検査を実施。

○同海域の養殖ヒオウギガイについては、検査の結果、規制値以下であることが確認されており、通常どおり出荷・販売されます。

○県内の他の海域(豊前海、豊後灘、守江湾、臼杵湾、佐伯湾、入津湾)については、貝毒原因プランクトンの発生は確認されておらず、二枚貝からも貝毒は検出されていません。

この情報に関するお問い合わせ先はこちらです

漁業管理課

〒870-8501 大分市大手町3-1-1(大分県庁舎本館8階) 団体流通班 Tel:097-506-3915 Fax:097-506-1767





前の画面に戻る

関連のリリース



マチパブからのお知らせ

9/16 「JPubb」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

9/16 「マチパブ」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、地方ページ、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

もっと見る


  市区町村で検索
キーワード検索



北朝鮮 五輪 大河ドラマ IoT 民泊 空き家
※オススメのキーワードを表示しています。
最近チェックしたエリア
あなたがアクセスした「市」は自動的にここに表示されます。

企業と地方の関係
  企業を検索  
»企業一覧へ
検索ランキング
▽検索キーワード(過去1ヶ月)
▽市区町村別(過去1ヶ月)
▽都道府県別(過去1週間)