全国47都道府県、1741市区町村について
自治体、官公庁、企業の動きを追跡・分類します



[ 2017/03/17 | 金融庁 | 中央省庁 | 東京都 | 千代田区 | 非上場・外資系企業 ]

偽造キャッシュカード等による被害発生等の状況について公表しました。



本リリースの公式ページ
http://www.fsa.go.jp/news/28/ginkou/20170317-2.html
前の画面に戻る
関連の地域:東京都 千代田区

平成29年3月17日
金融庁

偽造キャッシュカード等による被害発生等の状況について

偽造キャッシュカード、盗難キャッシュカード、盗難通帳及びインターネット・バンキングによる預金等の不正払戻し等の被害について、各金融機関からの報告を基に、被害発生状況及び金融機関による補償状況を別紙1~4‐3のとおり取りまとめました。

1.対象期間

以下の期間に発生した被害について、犯罪類型ごとに集計しています。

  • ■偽造キャッシュカード犯罪:平成12年4月から平成28年12月

  • ■盗難キャッシュカード犯罪:平成17年2月から平成28年12月

  • ■盗難通帳犯罪:平成15年4月から平成28年12月

  • ■インターネット・バンキング犯罪:平成17年2月から平成28年12月

2.概要

(1)被害発生状況

(注)下記計数は、上記1.の対象期間中に被害が発生したことを金融機関が認識した被害発生件数及び平均被害額になります。

○被害発生件数

(単位:件)

25年度 26年度 27年度 28年度
(4~12月)
対象期間計
偽造キャッシュカード 313 301 380 205 6,447
盗難キャッシュカード 3,506 3,055 2,848 2,478 57,804
盗難通帳 133 101 102 40 3,289
インターネット・バンキング 1,954 1,409 1,540 630 6,504

○平均被害額

(単位:万円)

25年度 26年度 27年度 28年度
(4~12月)
対象期間計
偽造キャッシュカード 28 46 45 30 87
盗難キャッシュカード 46 48 57 62 53
盗難通帳 69 71 61 39 171
インターネット・バンキング 113 155 158 145 139

(2)金融機関による補償状況

  • (注1)預貯金者保護法の施行は、平成18年2月10日です。

  • (注2)下記計数は、上記1.対象期間中に発生した被害に係る処理方針を金融機関が決定した件数について、被害発生年度ごとに集計したものです。

  • (注3)「補償」欄は、金融機関が処理方針を決定した被害のうち、被害金額の全額または一部を補償した件数の合計です。

○偽造キャッシュカード

(単位:件)

被害発生年度 処理方針決定済
補償 補償しない
25年度 313 294 (93.9%) 19 (6.1%)
26年度 297 286 (96.3%) 11 (3.7%)
27年度 358 353 (98.6%) 5 (1.4%)
28年度(4~12月) 180 176 (97.8%) 4 (2.2%)
対象期間計 6,302 6,052 (96.0%) 250 (4.0%)
(平成12年4月~平成28年12月) - - (注2)(98.7%) - -

  • (注1)金融機関が補償しないとした主な理由は、「預貯金者からの補償請求の取下げ等(128件)」、「預貯金者に重大な過失がある(30件)」などでした。

  • (注2)処理方針決定件数のうち、当初、偽造キャッシュカードによる不正払戻しとして申出があったものの、調査の結果、配偶者や親族による払戻しであり、偽造キャッシュカードによる不正払戻しでないことが判明した件数等を除いた場合の対象期間における補償率です。

○盗難キャッシュカード

(単位:件)

被害発生年度 処理方針決定済
補償 補償しない
25年度 3,498 1,294 (37.0%) 2,204 (63.0%)
26年度 3,023 1,172 (38.8%) 1,851 (61.2%)
27年度 2,769 1,295 (46.8%) 1,474 (53.2%)
28年度(4~12月) 1,986 873 (44.0%) 1,113 (56.0%)
対象期間計 57,103 30,423 (53.3%) 26,680 (46.7%)
(平成17年2月~平成28年12月) - - (注2)(81.0%) - -

  • (注1)金融機関が補償しないとした主な理由は、「預貯金者からの補償請求の取下げ等(8,710件)」、「遺失等による不正払戻し(4,780件)」、「預貯金者の配偶者や親族による払戻し(3,114件)」などでした。

  • (注2)処理方針決定件数のうち、当初、盗難キャッシュカードによる不正払戻しとして申出があったものの、調査の結果、配偶者や親族による払戻しであり、盗難キャッシュカードによる不正払戻しでないことが判明した件数等を除いた場合の対象期間における補償率です。

○盗難通帳

(単位:件)

被害発生年度 処理方針決定済
補償 補償しない
25年度 132 91 (68.9%) 41 (31.1%)
26年度 96 61 (63.5%) 35 (36.5%)
27年度 79 29 (36.7%) 50 (63.3%)
28年度(4~12月) 22 15 (68.2%) 7 (31.8%)
対象期間計 3,087 1,249 (40.5%) 1,838 (59.5%)
(平成15年4月~平成28年12月) - - (注)(52.0%) - -

  • (注)処理方針決定件数のうち、当初、盗難通帳による不正払戻しとして申出があったものの、調査の結果、配偶者や親族による払戻しであり、盗難通帳による不正払戻しでないことが判明した件数等を除いた場合の対象期間における補償率です。

○インターネット・バンキング

(単位:件)

被害発生年度 処理方針決定済
補償 補償しない
25年度 1,947 1,775 (91.2%) 172 (8.8%)
26年度 1,398 1,174 (84.0%) 224 (16.0%)
27年度 1,510 1,275 (84.4%) 235 (15.6%)
28年度(4~12月) 489 411 (84.0%) 78 (16.0%)
対象期間計 6,292 5,309 (84.4%) 983 (15.6%)
(平成17年2月~平成28年12月) - - (注)(93.5%) - -

  • (注)処理方針決定件数のうち、当初、本人以外による不正払戻しとして申出があったものの、調査の結果、配偶者や親族による払戻しであり、不正払戻しでないことが判明した件数等を除いた場合の対象期間における補償率です。

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)

監督局 銀行第1課(内線3323、3324)

銀行第2課(内線3365、3367)

協同組織金融室(内線3381、3736)

郵便貯金・保険監督参事官室(内線2612、2621)

(別紙1) 偽造キャッシュカードによる預金等不正払戻し(被害発生状況・補償状況)(EXCEL:75KB)
(別紙2) 盗難キャッシュカードによる預金等不正払戻し(被害発生状況・補償状況)(EXCEL:64KB)
(別紙3) 盗難通帳による預金等不正払戻し(被害発生状況・補償状況)(EXCEL:61KB)
(別紙4‐1) インターネット・バンキングによる預金等不正払戻し(被害発生状況・補償状況)(EXCEL:65KB)
(別紙4‐2) インターネット・バンキングによる預金等不正払戻し(被害発生状況)(個人)(EXCEL:46KB)
(別紙4‐3) インターネット・バンキングによる預金等不正払戻し(被害発生状況)(法人)(EXCEL:46KB)

ページの先頭へ

前のページに戻る




前の画面に戻る

関連のリリース



マチパブからのお知らせ

9/16 「JPubb」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

9/16 「マチパブ」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、地方ページ、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

もっと見る


  市区町村で検索
キーワード検索



北朝鮮 五輪 大河ドラマ IoT 民泊 空き家
※オススメのキーワードを表示しています。
最近チェックしたエリア
あなたがアクセスした「市」は自動的にここに表示されます。

企業と地方の関係
  企業を検索  
»企業一覧へ
検索ランキング
▽検索キーワード(過去1ヶ月)
▽市区町村別(過去1ヶ月)
▽都道府県別(過去1週間)