全国47都道府県、1741市区町村について
自治体、官公庁、企業の動きを追跡・分類します



[ 2017/03/21 | 日本電信電話 | 情報・通信 | 東京都 | 千代田区 | 東証一部 ]

第一生命の健康増進アプリ「健康第一」を支えるIT基盤をクラウドで構築 〜Microsoft Azureを活用し、高セキュリティー性かつ拡張性を持つ基盤を短期開発〜 (NTTデータ)



本リリースの公式ページ
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2017/032100.html
前の画面に戻る
関連の地域:東京都 千代田区

第一生命の健康増進アプリ「健康第一」を支えるIT基盤をクラウドで構築

~Microsoft Azureを活用し、高セキュリティー性かつ拡張性を持つ基盤を短期開発~

2017年3月21日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、第一生命保険株式会社(社長:渡邉 光一郎、以下:第一生命)が2017年3月21日から新たに提供する健康増進アプリ「健康第一」のクラウド基盤構築ならびに顧客管理システム開発を担当しました。

スマートフォンを活用した「健康第一」は、身近な指標であるBMIを改善することにより健康増進の効果を実感してもらうことを目指すサービスです。広く一般向けに公開され、今後も新たなサービスの追加が予定されています。

NTTデータは、「健康第一」を支えるIT基盤の構築、ならびに顧客管理システムの構築を担当しました。アプリ利用者の個人情報を守る、高セキュリティー性と、利用者の増大に対応する拡張性の高いIT基盤を、パブリッククラウドMicrosoft Azure上に約4カ月の期間で構築しました。

NTTデータでは、第一生命、株式会社かんぽ生命保険と共同で開催している「豊洲の港から®」を通じて、IT技術を用いて新しい保険商品・サービスを創出するInsTechの活動を積極的に進め、国民のQOL(Quality of Life)の向上や健康寿命の延伸につながる第一生命の新サービスをサポートしていきます。

概要

現在の日本は、平均寿命の伸びに伴って、単なる長寿ではなく、より長く、健康で自立した生活を送ることができる「健康寿命」を伸ばす活動が求められています。こうした社会的要請から、第一生命が「国民のQOL(Quality of Life)の向上や健康寿命の延伸につながる新サービス」として提供を開始したのが今回の「健康第一」です。

本サービスは、第一生命の契約者以外にも広く一般の方に向けて提供するため、それを支えるIT基盤には利用者の増加に柔軟に対応できる拡張性と、サービス利用者の個人情報や保険加入者のさまざまな情報を扱うため高いセキュリティー性、さらには新たなサービスをより機動的に展開するため短期間でのシステム構築が求められました。

また、顔認証機能を用いたエイジングシミュレーションや、歩数に応じたクーポン提供等の新しいサービスを短期間で提供し続けるために、IT/健康に関わる幅広いノウハウやソリューションをさまざまな企業から結集させる「エコシステム」の概念に基づく開発プロジェクトとなっています。NTTデータは、アクセンチュア株式会社(スマートフォンアプリプラットフォーム構築)、テックファーム株式会社(スマートフォンアプリ開発)、株式会社 電通(クーポン発行・交換機能開発)、パナソニック株式会社(マルチウェアラブル統合(歩数取得)機能開発)、テックパワー株式会社(FaceAI機能開発)と協力して、各企業が開発するそれぞれの機能が連携しやすく、かつ拡張の容易なIT基盤を開発しました。

当社開発担当部分の特長

  1. 1.高セキュリティー性と拡張性をパブリッククラウド上で実現

    一般の利用者さらには保険加入者の個人情報を取り扱うために求められる高いセキュリティー性に対し、金融情報システムセンター(FISC)の安全対策基準に対応し、クラウドセキュリティ推進協議会のCSマークを唯一取得している日本マイクロソフト株式会社のMicrosoft Azureをベースに開発した、短期間でのサービス開始、継続的なサービス拡大を支えるIT基盤です。なお、構築にあたって最大限SaaS/PaaSを採用することで、4カ月という短期間の開発を実現しています。

  2. 2.各種属性に応じたサービス・コンテンツ提供を可能とする顧客管理システム

    利用者の各種属性(性別・年代区分・活動状況区分等)を管理する顧客管理システム(サービスマスター)を構築しました。健康増進アプリ「健康第一」のサービス・コンテンツ提供機能と連携し、利用者属性に応じた各種サービスやコンテンツを提供するための基盤となっています。

    さらに今後も新たな機能追加が予定されており、よりパーソナライズ化された各種サービスやコンテンツ提供を可能とする基盤としていく予定です。

今後について

今回NTTデータが構築したIT基盤の機能を最大限活用し、本プロジェクトにおいて求められる、短期間でのサービス開始、継続的なサービス拡大を支援していきます。また「豊洲の港からInsTechオープンイノベーションコンテスト」を通じて連携するサービス提案を広く募集し、第一生命とともに新たなイノベーション実現を目指します。

注釈

  • 「豊洲の港から」は、日本国内におけるNTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
戸田
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第一金融事業本部
保険ITサービス事業部
大塚、関本、鈴木
TEL:050-5546-8448

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。




前の画面に戻る

関連のリリース



マチパブからのお知らせ

9/16 「JPubb」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

9/16 「マチパブ」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、地方ページ、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

もっと見る


  市区町村で検索
キーワード検索



北朝鮮 五輪 大河ドラマ IoT 民泊 空き家
※オススメのキーワードを表示しています。
最近チェックしたエリア
あなたがアクセスした「市」は自動的にここに表示されます。

企業と地方の関係
  企業を検索  
»企業一覧へ
検索ランキング
▽検索キーワード(過去1ヶ月)
▽市区町村別(過去1ヶ月)
▽都道府県別(過去1週間)