全国47都道府県、1741市区町村について
自治体、官公庁、企業の動きを追跡・分類します



[ 2017/04/21 | 環境省 | 中央省庁 | 東京都 | 千代田区 | 非上場・外資系企業 ]

「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」及び意見募集(パブリックコメント)の結果について



本リリースの公式ページ
http://www.env.go.jp/press/103935.html
前の画面に戻る
関連の地域:東京都 千代田区

平成29年4月21日

自然環境

この記事を印刷

「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」及び意見募集(パブリックコメント)の結果について

 環境省と農林水産省は、セイヨウオオマルハナバチの代替種である在来種マルハナバチ(クロマルハナバチ等)の利用方針を示した、「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」を、意見募集を経て取りまとめましたのでお知らせします。

 トマト等の授粉に用いられるセイヨウオオマルハナバチについては、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成16年法律第78号)に基づき、平成18年に特定外来生物に指定され、飼養等における一定の規制や、在来種による代替種の開発及びその利用が進められています。しかしながら、代替種がまだ開発されていない地域があることや、代替種を自然分布域外で利用した場合の生態系への影響が懸念されるといった課題がありました。

 このため、環境省と農林水産省は、セイヨウオオマルハナバチの利用を縮小させつつ、クロマルハナバチ等の代替種利用による生態系への影響を最小限にすることを目的とし、現時点での科学的知見等を用いたリスク評価等を行うとともに、専門の学識経験を有する者に意見聴取を行い、在来種マルハナバチへの転換に係る利用方針案を作成して、平成29年2月28日(火)から3月29日(水)まで意見募集(パブリックコメント)を実施しました(【資料1】)。

 この結果も踏まえ、今般、「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」を取りまとめました(【資料2】)。

 今後、環境省と農林水産省は、本利用方針に基づき、セイヨウオオマルハナバチの代替種の適切な利用等を進めてまいります。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
代表   03-3581-3351
直通   03-5521-8344
室長  曽宮和夫
室長補佐 立田理一郎
担当  平山宗幸 (内6683)




前の画面に戻る

関連のリリース



マチパブからのお知らせ

9/16 「JPubb」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

9/16 「マチパブ」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、地方ページ、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

もっと見る


  市区町村で検索
キーワード検索



北朝鮮 五輪 大河ドラマ IoT 民泊 空き家
※オススメのキーワードを表示しています。
最近チェックしたエリア
あなたがアクセスした「市」は自動的にここに表示されます。

企業と地方の関係
  企業を検索  
»企業一覧へ
検索ランキング
▽検索キーワード(過去1ヶ月)
▽市区町村別(過去1ヶ月)
▽都道府県別(過去1週間)