全国47都道府県、1741市区町村について
自治体、官公庁、企業の動きを追跡・分類します



[ 2017/04/21 | トヨタ自動車 | 輸送用機器 | 愛知県 | 豊田市 | 東証一部,名証一部,札証,福証 ]

WRC 第5戦 ラリー・アルゼンティーナ プレビュー TOYOTA GAZOO Racing、南米アルゼンチンのグラベルラリーに2台のヤリスWRCで臨む



本リリースの公式ページ
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/16533927
前の画面に戻る
関連の地域:愛知県 豊田市 東海地方

TOYOTA GAZOO Racing
TOYOTA GAZOO Racing
(画像提供:トヨタ自動車)

2017年04月21日

WRC 第5戦 ラリー・アルゼンティーナ プレビュー
TOYOTA GAZOO Racing、南米アルゼンチンのグラベルラリーに2台のヤリスWRCで臨む

 TOYOTA GAZOO Racingは、4月27日(木)から30日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンティーナに、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)と、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(#11号車)の、2台のヤリスWRCで参戦する。今シーズン2回目となるグラベル(未舗装路)ラリーに、3月上旬の第3戦ラリー・メキシコでの経験を生かし、チーム一丸となって挑む。

 初秋の南半球、アルゼンチンで開催されるラリー・アルゼンティーナは、グラベルラリーの魅力と難しさが凝縮した1戦と言われる。ラリーのSS(スペシャルステージ)は、アルゼンチン中部の都市コルドバの南西から西北にかけての広いエリアに設定され、様々なタイプの未舗装路を走行する。南西部の谷間の未舗装路は砂のような柔らかい道が多く、西部の山岳路は道幅が狭く荒々しい岩に囲まれた道が続くなど、走行するエリアによって道のキャラクターが大きく変わるのがこのラリーの特徴だ。また、SSの途中には川渡りやジャンピングスポットも多く現れ、選手だけではなく、ファンにとっても非常に魅力的なラリーである。

 ラリーカーの整備作業を行なうサービスパークは、コルドバから約50km離れたレイクサイドリゾート、ビジャ・カルロス・パスに置かれる。ラリーは4月27日(木)の夜7時過ぎにコルドバ市街地のスーパーSSで競技スタート。28日(金)はコルドバの南西部サンタ・ロサ・デ・カラムチータ周辺で3本のステージを各2回走行し、昼と夜にはビジャ・カルロス・パス近郊のパルケ・テマティコでスーパーSSが行われる。29日(土)は、コルドバの北西部プニリャの谷の周辺で3本のステージを各2回走行する。そして競技最終日となる30日(日)は、コルドバの西部で2本のSSを走行。最終SSとなるSS18「エル・コンドル」はラリー・アルゼンティーナを代表する名物ステージであり、SSでトップ5タイムを記録した選手に対してボーナスの選手権ポイントが与えられるパワーステージにも指定されている。ラリーは4日間で18本のSSを走行し、その合計距離は357.59km。リエゾン(移動区間)を含めた総走行距離は、1417.98kmに達する。

 ラトバラは、2014年のWRCラリー・アルゼンティーナで総合優勝をしている。また、ハンニネンはIRC(インターコンチネンタルラリーチャレンジ)の1戦として開催された、2010年の大会で優勝を果たしている。両ドライバーにとってアルゼンチンは、相性の良いラリーといえる。

 チームはラリー・アルゼンティーナを想定したグラベルテストを、欧州の中ではアルゼンチンの道に近い路面コンディションの道があり、6月にはWRC第7戦が開催される、イタリアのサルディニア島で実施。様々なテストメニューをこなし、ヤリスWRCのグラベルコースでのパフォーマンスをさらに高めることに成功した。

トミ・マキネン(チーム代表)

冷涼な気候で行われるグラベルラリーのアルゼンチンは、以前に私がドライバーだった時、いつも素晴らしいラリーだと思っていました。今回のラリーも、いろいろな気象条件下での戦いとなるでしょう。ラリー・メキシコで我々は多くを学びましたが、特に高い標高でのグラベル走行を経験した事は、同様の条件であるアルゼンチンを戦う上で役に立つはずです。ここまで1戦ごとにクルマを良くしてきたので、アルゼンチンではさらに改良を進める事を目標に置いています。ラリー・メキシコを戦った時よりも自分たちは力をつけていると思うので、アルゼンチンでは良い結果を狙いたいと思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)

私にとってアルゼンチンは、常に良い気分で戦う事ができるラリーです。以前に優勝した経験があり、去年も土曜日の午後にトラブルでコースアウトするまでは、ラリーをリードしていました。金曜日と土曜日のコースは流れるような高速のコーナーが多く、最終日の日曜日は低速でテクニカルなコーナーが連続し、さらに霧など悪天候に見舞われる可能性も高いトリッキーなコースです。全体的には砂状の柔らかい道が多いのですが、概ねタイヤのグリップレベルは良好です。事前テストはとても有効で、いくつかの異なるセットアップを試せました。特に、メキシコではベストとはいえないフィーリングだったデファレンシャルに関しては、アルゼンチンに向けて入念にセッティング作業を行ない改善に努めました。

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車)

アルゼンチンは私が大好きなグラベルラリーのひとつで、楽しい思い出がたくさんあるラリーですので、久しぶりの出場がとても楽しみです。アルゼンチンのコースはとにかく素晴らしいのですが、SSだけでなくリエゾン(移動区間)でも情熱的に応援してくれる、ファンの皆さんもまた素敵ですね。アルゼンチンでもっとも読めないのは天候で、最近現地の天気予報をチェックしているのですが、晴天、降雨と、天気は常に変わっているようです。例えばレッキ(コースの事前下見走行)の後に路面コンディションが変わると、大変難しいラリーになります。とはいえ、クルマを状況に応じて微調整すればよいと思っています。例えば、路面が泥状になったらクルマを少し柔らかめのセッティングに変えるぐらいですね。何が起ころうと自然に、気負わないでドライブする事が大切です。チームは現在とても良い状態にあるので、私も一緒になって前に進みたいと思います。

ラリー・アルゼンティーナでの成績

ヤリ-マティ・ラトバラ ユホ・ハンニネン
2016 16位
2015 リタイア
2014 1位
2013 3位
2012
2011 7位

2017 FIA世界ラリー選手権 第4戦終了後のドライバーズランキング

1
セバスチャン・オジエ88
2
ヤリ-マティ・ラトバラ75
3
ティエリー・ヌービル54
4
オット・タナック48
5
ダニ・ソルド47
6
クレイグ・ブリーン33
7
クリス・ミーク27
8
ヘイデン・パッドン25
9
エルフィン・エバンス20
10
アンドレアス・ミケルセン12
12
ユホ・ハンニネン9

2017 FIA世界ラリー選手権 第4戦終了後のマニュファクチャラーズランキング

1
Mスポーツワールドラリーチーム129
2
ヒュンダイ・モータースポーツ105
3
TOYOTA GAZOO Racing WRT79
4
シトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチーム71

プレスリリース

URL
http://toyotagazooracing.com/jp/wrc/release/2017/rd05-preview.html

最新情報はこちら

TOYOTA GAZOO Racing WRTのSNSアカウント

以上




前の画面に戻る

関連のリリース



マチパブからのお知らせ

9/16 「JPubb」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

9/16 「マチパブ」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、地方ページ、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

もっと見る


  市区町村で検索
キーワード検索



北朝鮮 五輪 大河ドラマ IoT 民泊 空き家
※オススメのキーワードを表示しています。
最近チェックしたエリア
あなたがアクセスした「市」は自動的にここに表示されます。

企業と地方の関係
  企業を検索  
»企業一覧へ
検索ランキング
▽検索キーワード(過去1ヶ月)
▽市区町村別(過去1ヶ月)
▽都道府県別(過去1週間)