全国47都道府県、1741市区町村について
自治体、官公庁、企業の動きを追跡・分類します



[ 2017/05/19 | ヤマハ | その他製造 | 静岡県 | 浜松市 | 東証一部 ]

【ANA×ヤマハSoundUDプロジェクト】 空の玄関口で「音のユニバーサルデザイン化」を共同で推進 - おもてなしガイドを活用した新サービス 「多言語音声アナウンスシステム」の実証実験を開始



本リリースの公式ページ
https://www.yamaha.com/ja/news_release/2017/17051901/
前の画面に戻る
関連の地域:静岡県 東京都 浜松市 港区 関西地方


(画像提供:ヤマハ)

2017年05月19日

【ANA×ヤマハSoundUDプロジェクト】
空の玄関口で「音のユニバーサルデザイン化」を共同で推進

おもてなしガイドを活用した新サービス
「多言語音声アナウンスシステム」の実証実験を開始します

~訪日外国人・聴覚障がいをお持ちのお客様へ、さらなる安心をお届けします~

PDFダウンロード(364KB)

ヤマハ(本社:静岡県浜松市中区、代表取締役社長:中田卓也、以下「ヤマハ」)とANA(本社:東京都港区、代表取締役社長:平子裕志)は、成田国際空港および関西国際空港のANA国際線搭乗ゲートにおいて、ヤマハが開発した音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」を活用した新サービスの実証実験を開始します。

新サ-ビスの概要と特徴

ANAの係員が事前にアナウンスを4言語(日・英・韓・中)でシステムに録音し、空港の搭乗ゲ-トで使用。

空港の搭乗ゲ-トにおける多言語対応力の更なる向上を図ります。多言語対応ができる係員が不在の場合でも、常に4言語のアナウンスが可能になります。

音声アナウンスは再生と同時に多言語化され、お客様のスマートフォンなどに文字情報とし表示されます
(5言語に対応:日本語・英語・中国語(繁・簡)・韓国語)

ユニバ-サルなサ-ビスをより一層追求します。また、訪日外国人や聴覚障がいをお持ちのお客様へ、更なる「安心」をお届けします。

  • ※事前に、アプリケ-ションのダウンロ-ドが必要です。

音声アナウンスは、出発便のゲート変更や時間変更など様々なシチュエーションにも対応します。

お客様が必要とされる情報を多言語(4言語)で、これまで以上に正確かつ的確にお届けします。

ANAでは、この音声アナウンスシステムを、搭乗案内はもとより、遅延・欠航といった様々な状況で放送し、搭乗ゲートで必要とされる多言語アナウンスの対応力向上を図ります。
また、ヤマハとANAは、今回の取り組みを契機に、対応言語数の拡充などコンテンツの充実を図り、訪日外国人や聴覚に障がいをお持ちのお客様にも、より安心して日本の空をご利用いただけるサービスの提供を目指して参ります。

実証実験の概要

1. サービス対象箇所

  • 成田国際空港:ヒューストン行き ANA174 便の搭乗ゲート(4月26日より開始済)
  • 関西国際空港:上海行き ANA 975便の搭乗ゲート(5月19日より開始予定)
  • ※実証実験期間:2ヶ月

2. 対応言語

音声アナウンス: 日本語、英語、中国語、韓国語
文字情報 日本語、英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語

  • ※文字情報の表示は、多言語アナウンスシステムを活用した放送のみとなります。文字情報の表示には、「おもてなしガイド」アプリが必要です。「おもてなしガイド」については、下記を参照願います。

3. 対応する放送

搭乗ゲートでの搭乗案内や遅延・欠航といった様々な状況におけるアナウンスなど

操作パネルのイメ-ジ

画像ダウンロード

スマートフォン表示画面のイメージ(中国語(簡体)・韓国語)

画像ダウンロード

おもてなしガイドとは

ヤマハが開発した、言語や聴力の壁を超えて、誰もが確実にアナウンスの内容を理解することができる「音のユニバーサルデザイン化支援システム」です。「おもてなしガイド」に対応した施設では、専用のアプリを起動して、流れてくるアナウンスをスマートフォンのマイクで拾うだけで、その内容をさまざまな言語に翻訳された文字で確認することが出来ます。音で通信を行うため、インターネットに接続していない端末でも情報を取得出来ます。これまで、多くの自治体、空港、交通機関、商業施設、観光施設などの協力を得て実証実験を実施しており、今後はこれまでの検証結果をふまえて、本サービス化に向けた活動に取り組んでいきます。

「おもてなしガイド」ウェブサイト:http://omotenashiguide.jp

画像ダウンロード

  • ※「おもてなしガイド」「おもてなしアプリ」「音のユニバーサルデザイン」「OMOTENASHI GUIDE」「Sound UD」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
  • ※そのほかの文中の商品名、社名などはヤマハ株式会社、全日本空輸株式会社、または、各社の商標または登録商標です。
  • ※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
    発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

関連リンク

同じカテゴリーのニュースリリース

ニュースリリースについて

Twitter

ヤマハのニュースリリースをTwitterで配信しています。

YouTube

主な記者発表の模様をYouTubeで配信しています。




前の画面に戻る

関連のリリース



マチパブからのお知らせ

9/16 「JPubb」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

9/16 「マチパブ」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、地方ページ、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

もっと見る


  市区町村で検索
キーワード検索



北朝鮮 五輪 大河ドラマ IoT 民泊 空き家
※オススメのキーワードを表示しています。
最近チェックしたエリア
あなたがアクセスした「市」は自動的にここに表示されます。

企業と地方の関係
  企業を検索  
»企業一覧へ
検索ランキング
▽検索キーワード(過去1ヶ月)
▽市区町村別(過去1ヶ月)
▽都道府県別(過去1週間)