全国47都道府県、1741市区町村について
自治体、官公庁、企業の動きを追跡・分類します



[ 2017/05/17 | 大阪府庁 | 地方自治体 | 大阪府 | 大阪市 | 非上場・外資系企業 ]

大阪府知事記者会見 2017年05月17日 - ●りそなグループのATM画面を活用した「2025万博誘致」のPR ●第7回大阪マラソンのランナーのエントリー状況等 質疑応答 ●会見で使用した資料 ●大阪マラソン関連 ●国際博覧会関連 ●眞子様のご婚約 ●大阪都構想関連(1) ●りそなグループのATM画面を活用した万博誘致のPR ●森友学園問題(1) ●高浜原発の再稼働 ●大阪都構想関連(2) ●森友学園問題(2)



本リリースの公式ページ
http://www.pref.osaka.lg.jp/koho/kaiken/20170517.html
前の画面に戻る
関連の地域:大阪府 大阪市 東北地方 関西地方

更新日:平成29年5月19日

記者会見項目

       ・りそなグループのATM画面を活用した「2025 万博誘致」のPRについて
       ・第7回大阪マラソンのランナーのエントリー状況等について
       ・質疑応答

 職員

  それでは、定例記者会見を始めさせていただきます。
  まず初めに、知事から説明があります。よろしくお願いします。

りそなグループのATM画面を活用した「2025万博誘致」のPRについて

知事

  まず、2025年万博誘致のPRについてです。
 5月22日から6月11日まで、りそなグループのりそな銀行、近畿大阪銀行、埼玉りそな銀行のご協力をいただき、全国に約4,100台あるATMの画面で万博誘致のPRを実施いたします。万博誘致のPRにATMの画面を活用するのは初めての取り組みであります。今後も企業の広報媒体などを積極的に活用させていただき、万博誘致の機運醸成を図ってまいります。

第7回大阪マラソンのランナーのエントリー状況等について

 次に、第7回大阪マラソンのランナーのエントリー状況についてです。
 11月26日に開催いたします第7回大阪マラソンのランナーの受け付けが5月12日に終了いたしました。フルマラソン3万人、8.8キロのチャレンジラン2,000人の合計32,000人の定員に対し、日本国内はもちろん国外48の国と地域から、130,417人のご応募をいただきました。特に国外からのエントリーの総数は過去最高の13,962人であり、昨年より1.4倍増加いたしました。抽せん結果は6月の中旬に応募者の方々にお知らせする予定です。
 また、大阪スポーツ応援ランナーは明後日の19日17時まで、チャリティーランナーは8月31日17時まで募集をしています。団体ボランティアは6月7日より、個人のボランティアは7月13日より募集開始の予定であります。ランナーに限らず、ボランティアの皆さんや沿道で声援をいただく方など、みんなで一体となって盛り上げて楽しんでいただきたいと思います。
 僕からは以上です。

質疑応答

 職員

  それでは、ご質問をお受けしたいと思います。
  まず初めに、幹事社の日経新聞の堀越さん、よろしくお願いします。

大阪マラソン関連について

記者

  幹事社の日経新聞です。
 大阪マラソンなんですけれども、国外からのエントリーが過去最高となりまして、そこの部分では盛り上がりがあるなと思うんですが、まずそこのご感想と、一方で、国内のエントリーが若干減っているような感じがするので、今後、どういうふうに大会を発展させていくかというところをお聞かせください。

知事

  国外からのエントリーをしていただいているランナーの皆さんは、マラソンだけじゃなくて、大阪というのは旅行先として十分楽しめるという意味から、マラソンを含めた海外旅行という捉まえ方で応募が増えているのかなと思っています。この方々に、これは抽選に当たられたらですけど、大阪でマラソンに参加して、帰られてから大阪のよさをどんどん自分たちの国で発信していただいたら、またより多くのインバウンドのお客さんが増えるということになるので、ぜひ、海外からのマラソンランナーのお客さんへのおもてなしを大阪府民全体で取り組んでいただけたらなと思ってます。
 また、国内のランナーについては、一つは、あちらこちらにマラソン大会、市民マラソンが開催されるようになったということと、そして、やっぱり大阪マラソンは当たりにくいという、そういうふうな感想をお持ちということで、申し込んでも当たらないからやめとこうかな、それよりも大阪以外のエリアのマラソン大会、市民マラソンにそういうふうにエントリーしたほうがいいかな、そういう思いもお持ちなのかな、こういうふうに捉えてます。

国際博覧会関連について

記者

  あと、万博の関連なんですけども、誘致のPR、今回もりそなとするということですけども、6月にBIE総会に知事もご出席をされる予定だとは思うんですが、知事としてどのようなプレゼンテーションをお考えになっているのかというところと、知事はまた現地でどのようなPR活動に臨むおつもりなのかというところをお聞かせください。

知事

  これは榊原会長と役割分担で、万博全体のコンセプト、日本でやることの意義については榊原会長から説明をしていただけると。僕はやっぱり大阪のよさ、魅力、これをしっかり伝えたいと思っております。

眞子様のご婚約について

記者

  もう1問なんですけども、昨日、秋篠宮家の眞子様がご婚約をする予定だというニュースがありましたけれども、知事のご感想というか、お聞かせください。

知事

  これは大変おめでたいことですけどね、同じような年ごろの娘を持つ者としては、秋篠宮様は少し寂しいかなと。そういうちょっと複雑なところもあるのかなと。なかなかやっぱり皇室を出られると、我々一般人やったらいつでも会えるでしょうけども、お立場から、皇室を出られて嫁がれたら、お会いする機会というのが減ってしまうのかなと。秋篠宮様にすると、ちょっとその辺でお寂しい思いがあるのかなというふうには思います。

記者

  ありがとうございました。

大阪都構想関連について(1)

記者

  読売新聞の西山です。
 都構想の関係でお伺いしたいんですけども、住民投票から今日で2年となります。法定協議会は設置される公算が高くなっていますけれども、特別区の案についてはまだ全然これからになりますけども、この2年をどう振り返って、今後の向けての決意というのはいかがでしょうか。

知事

  いや、これは、昨日も申し上げましたけども、振り返っても仕方がないので、否決されたことの反省はしています。やっぱり説明が足りなかったということで。法定協議会が設置されれば、新たな設計図を丁寧につくって。前回、説明が足りない、そういうふうに感じられた皆さん方に、前回より、よりよい案を法定協でしっかりつくり、丁寧な説明を心がけたいと、こういうふうに思っています。

記者

  法定協での議論なんですけれども、これはいつからスタートしたいと考えていらっしゃいますか。6月中になりますか。

知事

  これは、まだ今、議会に提案したばっかりで、6月からやるんだということを言うと、また議会の自共民で反発されるので、まずはこの議会で法定協議会の設置議案を可決成立をさせたいというふうに思っています。

記者

  ちょっとまたスケジュールの話になってしまうんですけども、もう少し先の話ですけど、法定協で特別区案を決定する時期なんですけども、来年秋に住民投票をするとしたら、どれぐらいまでに特別区案を法定協で決めたいというふうにお考えでしょうか。

知事

  それも、法定協の委員の皆さんのさまざまなご意見を聞く中で知事・市長案を出すのか、委員がみずから特別区の区割りを含めた、そういうたたき台となるような案を出すのか、それは、やっぱり法定協議会がスタートして、皆さん方の声を聞いてやるものですから、今の時点でまた日程がありきのようなところは。この5月議会で協議会が設置される議案を提出しているわけですから、今の時点で日程ありきでのことはお答えいたしません。

記者

  新たな成案をつくるのに大体1年ぐらいの時間があると思うんですけども、総合区の議論も法定協でしないといけないという中で、時間については十分というふうに考えていらっしゃるんでしょうか。

知事

  特別区の権限、それから財政調整のあり方については、今回、新しい設計図ですけども、権限や財政調整のあり方については、前回の法定協議書、5区案と権限や財源調整のあり方は大きく変わりません。これはやっぱり総務省と協議をしてあれだけのものをまとめたわけですから。だから、その部分に割く時間というものがぐっと圧縮できるのかなと。もちろん、それにプラスアルファの権限、これも入れれるんじゃないかという話はしますよ。でも、大枠の権限と財源の話は大きく変わることはないんですね。特別区という基礎自治体をつくるわけですから、そこは前回の5区案とは変わらないわけですから。だから、前回と比べれば、議論する部分というのは絞られてくると思いますので、十分な時間だと、1年あれば十分やれると思っています。

記者

  最後に、新たな特別区案のイメージなんですけども、知事の中でイメージが湧いてきているんでしょうか。知事の中で特別区案というのは。

知事

  僕の中でイメージがあるけども、僕のイメージを先に言うわけにはいかないのでね。それは法定協議会のメンバーになるそれぞれの委員の皆さんはそれぞれのイメージを持って挑まれると思います。

記者

  わかりました。

りそなグループのATM画面を活用した万博誘致のPRについて

記者

  日刊工業新聞社の中野と申します。
 りそなグループのATM画面を活用した万博誘致のPRについて質問が3点あるんですけれども、まず1点目で、この画面自体について、どのタイミングでこのPR画面があらわれるのか、人が前に立った時点で、ATMからお金を引き出す前とかですか。

知事

  それはどうなんかな。

 職員

  立った時点です。

知事

  立った時点。テクニカル。今、どうなってるの。

 職員

  最後、引き出した後にご案内の画面が出るところで最後出てきます。

知事

  あ、そう。画面、映ってない。うん、映った。まあ、そうですし。

記者

  人が立った瞬間と、あと、引き出した後にあらわれるということですか。

 職員

  立った瞬間ではなくて、引き出した後。

記者

  ありがとうございます。
 あと、2点目なんですけども、この期間が5月22日から6月11日までというのは、設定した理由というのはありますか。

知事

  これはりそなさんからこの日程でちょっとPRをさせていただくということなので、よろしくお願いしますということを申し上げたということです。

記者

  かしこまりました。
 あと、3点目なんですけども、こちらのPR画面を通じてどのような効果を期待されていますか。

知事

  やっぱり国内の機運醸成ですよ。大阪のベイエリアにこういう広い場所がある。ここで世界の課題を解決できるようなそういう提案型の万博を発信していきたいという、そういうPR効果を期待しています。

記者

  ありがとうございました。

森友学園問題について(1)

記者

  関西テレビの田中です。
 今朝、一部の報道にもありましたけれども、森友学園のほうを大阪府は刑事告訴を検討しているということであったんですけども、知事、その報道について、また大阪府の告訴の検討についてどのように思われているか、お願いします。

知事

  これまで調査をさせていっていただいて、ある一定、やっぱり補助金の不正受給というのは、確実にそういうことが起こっていたんだなということを教育庁のほうでも把握ができて、そういう調査の最終段階に入ってきたというふうに今聞いております。今日の夕方に教育庁のほうから補助金のそういう最終的な、具体的な調査結果の報告を受けることに今なっております。

記者

  その報告について、知事は告訴もやむなしというふうにお考えでいらっしゃいますか。

知事

  これまでの調査の途中経過を聞いていて、皆さんもいろいろと報道で書いているとおりです。まずは、本来常勤にしなければならない人がダブっていて、両方から給料をもらっている。これは確かです。これはまさに一人二役ね。分身の術を使えるわけじゃないんやから、これは完全にちょっと違法だと思うしね。だから、そういうところが次から次へね。障がい者の、障がいのある子どもたちの支援補助金もそうですしね。これは父兄の方からも、メディアの皆さんにも直接いろんな情報が行っていると思いますよ。そういうことがあからさまになってきましたので、ここから先は司法でやってもらうしかないなというふうには思います。

記者

  ありがとうございます。

高浜原発の再稼働について

記者

それと、もう1件だけなんですけれども、今日の午後5時ごろに高浜原発の4号機が再稼働をする見込みということなんですけども、それについての受けとめもお願いします。

知事

  これは将来にわたっては、これからやっぱり日本のエネルギー政策というのは原発がベースロードの電源になるのはちょっと違うと僕は思うけど、当面はこれは今の政府の、日本のエネルギー政策の中心として動かさざるを得んという、そういうことだろうと思っています。
 ただ、原発について僕が一番問題だと思っているのは、使用済み核燃料の最終処分地がどうなるのかというところが、まだ今、日本各地、科学的、地勢学的に大丈夫かどうかというのを専門家の皆さんが今、検討しているみたいですけど、まだ具体的にどこがいいとかいうことも出てきてないし。それと、事故が起こったときの廃炉の費用というのが本当に幾らかかるかわからんという状況であれば、真剣にやっぱりエネルギー政策は見直すべきなんだろうなと思いますね。だって、東北の原発が廃炉になり、きれいに処理された時点では、これは何年かかるかわからないけど、今の工程だけでも僕は生きてないのでね。それはやっぱりちょっと無責任なんじゃないかなと思うね。これからどんどんそれをやり続けていくというのは。

記者

  ありがとうございます。

大阪都構想関連について(2)

記者

  読売新聞の浅野です。
 もう一度、法定協の件なんですけども、吉村市長が8月までに総合区の制度案、詳細な制度案をつくると言っている一方で、法定協でその総合区のことも議論できるというふうにしていくわけですけども、法定協の議論の中で、総合区についての議論のスタートというのは、その総合区案が固まってからになるのか、最初からずっと両論でやっていくというイメージなのか、どういうふうに知事はお考えなんでしょうか。

知事

  総合区案については、これは公明党さんが要は提案者ですから、公明党さんが議論を引っ張っていくと思います。大体8区案というのが、公明党さんの意見を得て吉村市長が提案している区の数ですから、だから、それについて公明党さんのほうから、同じ委員なんだから、総合区の議論ができるのだからね。公明党さんから、やっぱりこの総合区での中身、一つ、各総合区の権限、それから、今の行政区と何が違うのか、そのことによってのメリット、公明党さんから意見表明をされていると。我々はそれに対して、今の行政区よりかいいけど、僕ら、基礎自治体としてやっぱり予算編成権を持てるそういう組織が必要という形の中で活発に議論をしていけると、こう思っています。

記者

  公明党から一部、総合区のことを一緒に議論していくに当たって、そのイメージについての詳細な制度設計をもうちょっと前倒しにしてほしいということもおっしゃっているんですけども、その要望があれば、作業を大阪市のほうに急いでもらうというのもありだと知事はお考えですか。

知事

  それは要望があれば。そもそもスピード感を持って物事を進めていきますけども、その中でも公明党さんがそういう形で我々側に要請されれば、優先順位として、そこ、まずは公明党さんの言われる総合区の具体的な権限、財源、そういうものをお示しするということに、吉村市長がそういうことに対しては積極的に取り組むでしょうね。

記者

  ありがとうございます。

森友学園問題について(2)

記者

  朝日新聞の矢吹でございます。
 改めて自民党さんが森友問題に関する百条委員会の設置を提案されていますけども、知事、以前、置いたらいいということをおっしゃっていたと思うんですけど、今の思いはいかがでしょう。

知事

  誰を呼びたいの、百条委員会に、自民党は。

記者

  籠池さんや財務省の関係者、あと、私学課などでしょうね。

知事

  財務省の関係は国がやる話でしょう。私学の関係は、私学審議会会長が参考人として議会に来られて丁寧に説明をされたと思うし、私学課の対応については、内部調査で対応に違法とまでは言えんけども問題があったところは、これはあからさまにし、当該職員に対しての処分も行いました。これで、あと、百条委員会、何を聞くのか。それと、籠池さんについては、先ほど申し上げましたけども、教育庁の方でほぼ調査は最終段階に入ってきた。ここからは司法に委ねるという、そういう教育庁の判断もある。あと、何をやりたいのかわからん。
 だから、明確にこれが必要というものを何がある。これが必要というのを、メディアとしても、これが必要やから百条を開けと言うのなら、それは言ってもらったら、必要と思えば、それは議会で判断するでしょうけど。今これは議会の判断になるけど、今の時点でこれは、自民党が百条と言うのは、結局は5月議会の、民進党が今、国でやっているのと同じように、日程を何とか人質にとって、5月の議会での法定協を延ばしたい、そういうパフォーマンスにしか見えない。

記者

  教育常任委員会で参考人を呼んでやるべきだという考えについては、今のところ考えてないんですか。

知事

  だから、それは自民党が何を聞きたいかで、教育常任委員会は議会の議運の了解を得て、常任委員会は常任なんだから、いつでも開いたらいいんです。でも、中身が明確にないのに委員会を開いたら、結局何のためにそういうマンパワーを使うのと、呼ばれるとこ、何のために日程を、そのために自分の時間をつぎ込まなければならないのか、いつもようわからんようになるじゃないですか。だから、本当に何かアリバイづくり的なことはやめたほうがいいと思うんです。

記者

  そうしますと、今回、百条委というのは、知事としては必要ないんじゃないかというふうにお考えになっていると。

知事

  あれから物事が進んでくる中で、何のための百条委員会かわからないので。要は2月の議会の時点では、公明党さんは、これは従来の教育常任委員会でやればいいという話だった。維新の議員は、まずは国会で議論されているのをやっぱりちょっと1回中身を見なければならないという意見だった。あれから約一月半ほど、二月近く経過をする中で、物事はずっと動いてきたじゃないですか。今の時点で何が必要なのかね。僕はよくわかりません。

記者

  ありがとうございます。
 

 職員

それでは、定例記者会見を終了させていただきます。ありがとうございました。

会見で使用した資料

会見で使用した資料

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

1つ前のページに戻る

このページの先頭へ

ここまで本文です。




前の画面に戻る

関連のリリース



マチパブからのお知らせ

9/16 「JPubb」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

9/16 「マチパブ」モバイルに、お気に入り保存機能追加!
2016/09/16
あなたがよく使う、地方ページ、企業/組織ページ、検索キーワードなどを保存できるようになりました! »続きはコチラ

もっと見る


  市区町村で検索
キーワード検索



北朝鮮 五輪 大河ドラマ IoT 民泊 空き家
※オススメのキーワードを表示しています。
最近チェックしたエリア
あなたがアクセスした「市」は自動的にここに表示されます。

企業と地方の関係
  企業を検索  
»企業一覧へ
検索ランキング
▽検索キーワード(過去1ヶ月)
▽市区町村別(過去1ヶ月)
▽都道府県別(過去1週間)